くらし

魚に囲まれ水中入社式 三重の鳥羽水族館、3人に辞令

 鳥羽水族館の水中入社式で、辞令を受け取る新入社員の内山広貴さん(右)=30日午後、三重県鳥羽市

 三重県鳥羽市の鳥羽水族館で30日、恒例の水中入社式が行われ、水深5・5メートル、幅16メートルの大型水槽内で魚やウミガメ約5千匹に囲まれながら、新入社員3人に辞令が交付された。

 飼育研究部に配属される3人は、ウエットスーツにスーツを重ね着し、初心者マーク付きの空気ボンベを背負った姿で登場。潜水し辞令を受け取った後、ガラスをスポンジで磨く初仕事をした。

 新入社員の神藤怜緒奈さん(22)が水中マイクで「決意を新たに、日々努力していきたい」とあいさつすると、来館者約400人から拍手や歓声が上がった。

 今春の新入社員は計5人で、他の2人は営業部などに配属される。


(共同通信)