国際

タクシン氏の勲章剥奪 タイ国王、連立工作に影響

 22日、香港のホテルで自身の娘の結婚披露宴に出席したタクシン元首相(AP=共同)

 【バンコク共同】タイのワチラロンコン国王は、タクシン元首相が受章した王冠勲章を剥奪するよう命令した。汚職罪に問われた公判への出廷を拒否して2008年に国外逃亡したことなどを理由に挙げ「極めて不適切な行為」と非難している。24日の下院総選挙を受け、新政権樹立に向けた各党の連立工作への影響は必至だ。

 絶対的な権威を持つ国王が「反タクシン」の立場を鮮明にしたことは、タクシン派政党に深刻な打撃となった。タクシン派と対立する親軍政政党を勢いづかせる可能性がある。命令は30日の官報に公示された。


(共同通信)