国際

東欧スロバキアで初の女性大統領 弁護士、政権批判を追い風

 花束を受け取るスロバキア大統領選候補のチャプトバ氏=30日、ブラチスラバ(ロイター=共同)

 【ブラチスラバ共同】東欧スロバキアで30日、大統領選の決選投票が行われ、市民運動家の女性弁護士、ズザナ・チャプトバ氏(45)が勝利した。同国初の女性大統領となる。長期政権の汚職体質に対する不満を追い風に、与党が推す候補を引き離した。

 チャプトバ氏は政治の刷新、司法への信頼回復のほか、同性愛者の権利拡充なども主張するリベラル派。大統領の権限は限定的だが、欧州で移民・難民への反感などを背景に勢力を強めるポピュリズム(大衆迎合主義)とは一線を画す候補の勝利は注目を集めそうだ。

 開票作業は31日に終了し、統計局によるとチャプトバ氏は58・40%を得票した。


(共同通信)