国際

大使館襲撃「テロ行為」と北朝鮮 FBIや反体制派関与を注視

 スペインの北朝鮮大使館=2月、マドリード(ロイター=共同)

 【ソウル共同】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省の報道官は31日、2月にスペイン・マドリードで起きた北朝鮮大使館襲撃事件について「テロ行為」だと非難し、通信機器などが強奪されたと明らかにした。米連邦捜査局(FBI)や北朝鮮の反体制派が関与したなどの説があり「注視している」と述べた。

 スペインの捜査当局に対し、事件を起こした「テロ分子」や背後組織の捜査徹底を求め、「その結果を忍耐強く待つ」と指摘した。大使館の職員らが暴行や拷問を受けたとも説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス