芸能・文化

関アジ風のサイダーを開発、大分 アイドル考案の土産

 開発した「大分サイダー関あじ・関さば味風」を手にPRするアイドルグループ「イコールラブ」のメンバー=31日午後、大分市

 HKT48のメンバーで、大分市出身の指原莉乃さんがプロデュースしたアイドルグループ「イコールラブ」が31日、大分県の新たな土産品として名産品の関アジ、関サバをイメージしたサイダーを開発したと発表した。JR大分駅前でのイベントで披露した。駅ビル内の土産品売り場などで31日発売し、95ミリリットルの瓶入りで230円(税別)。

 駅ビルの運営会社、JR大分シティ(大分市)が県の名産品を使った商品の考案を依頼した。9月に開幕し、大分市などで開かれるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で訪れる観光客らに売り込みたい考えだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス