芸能・文化

藤井七段が詰め将棋5連覇 「良い作品に向き合えた」

 「第16回詰将棋解答選手権チャンピオン戦」で5連覇を果たした藤井聡太七段=31日午後、名古屋市

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は31日、名古屋市などで行われた「第16回詰将棋解答選手権チャンピオン戦」で優勝、5連覇を果たし、自身の記録を更新した。表彰式後に「今回も良い作品に向き合うことができた」と喜びと充実感をにじませた。

 詰め将棋は王手を続け、玉が逃げきれない状況が詰みになる。チャンピオン戦は39手以内で詰ませる1問10点の問題が10題出される。2位の斎藤慎太郎王座(25)が96点で、藤井七段は全問正解だったが、一部解答を書き間違えたため減点され98・5点だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス