スポーツ

明石商4―3智弁和歌山 来田がサヨナラ本塁打

 明石商―智弁和歌山 9回裏明石商無死、来田が右越えにサヨナラ本塁打を放つ。投手小林樹=甲子園

 明石商は3―3の九回、先頭の来田がこの試合2本目の本塁打を右翼に放ちサヨナラ勝ちした。1点を追う一回に来田の本塁打などで2点を入れ、二回も1点を追加。先発の中森は五回に同点とされたが、粘り強く投げて3失点で完投。

 智弁和歌山は2番手の小林樹が力投したが、最後に力尽きた。打線は七回無死三塁の好機を逃したのが痛かった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス