国際

香港民主派が1万人デモ 中国への犯罪人移送反対

 【香港共同】香港民主派は31日、中国本土への容疑者引き渡しが可能になる条例改正に反対するデモを行った。主催者発表で1万2千人(警察発表は5200人)が参加。香港政府に条例改正方針の撤回を求め、香港中心部の政府本部庁舎前まで行進した。

 香港政府は犯罪人の移送について定めた「逃亡犯条例」などの改正草案を公表、4月3日に立法会(議会)に提出するとしている。「一国二制度」下にある香港は、中国と犯罪人引き渡し協定を結んでいないが、条例が改正されれば個別事案に応じて香港当局が拘束した容疑者を本土に引き渡すことが可能になる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス