国際

ウクライナ大統領選決選へ 首位は人気コメディアン

 ウクライナ大統領選で決選投票に進むことが確実となったコメディアンのゼレンスキー氏=3月31日、キエフ(ゲッティ=共同)

 【モスクワ共同】3月31日投開票のウクライナ大統領選で、地元テレビ局などは同日、人気コメディアンのウォロディミル・ゼレンスキー氏(41)が得票率約30%で首位に立ったとの出口調査結果を発表した。2位は現職のペトロ・ポロシェンコ大統領(53)の約19%。いずれも当選に必要な過半数に届かず、4月21日の決選投票は両者の対決が確実となった。

 ユリア・ティモシェンコ元首相(58)は約14%で3位。

 ゼレンスキー氏は、政治経験も詳細な政策表明もない中で、国民の既成政治への不満や変革への期待感を背景に支持を拡大。選挙前の世論調査と同様に首位に立った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス