国際

欧州委員長、英国へ合意迫る 「友人への忍耐もこれまで」

 ユンケル欧州委員長(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は3月31日、イタリアのテレビのインタビューで、英下院が当初のEU離脱期日の29日を過ぎても英EUの合意案を承認せず混迷を深めていることについて「英国の友人への忍耐もこれまでだ。数時間か数日中に何らかの合意をしてほしい」と迫った。

 欧州委員会はEUを代表して対英交渉に当たった。同氏は、英下院が合意案の一部条項に反対しているのは知っているが英国が何に賛成なのかは「分からない」と述べた。

 英国とEUは4月12日を新たな離脱期限に設定。英国はこの日までに離脱条件など代替案をEU側に示す必要に迫られている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス