くらし

新元号「ゆかりの地」アピール 福岡・太宰府、脚光に期待

 新元号「令和」の引用元の万葉集の歌が詠まれたとされる坂本八幡宮の隣接地で取材に応じる福岡県太宰府市の楠田大蔵市長=1日午後

 福岡県太宰府市の楠田大蔵市長は1日、新元号「令和」の引用元の万葉集の歌が詠まれたとされる市内の坂本八幡宮近くで記者会見し、「市にとって大変光栄なこと」と満面の笑みで語った。市内には万葉集の歌碑もあり、観光ルートを整備し「多くの方に、令和ゆかりの地を訪れていただきたい」とアピール。改元を機に脚光が集まることを期待する。

 太宰府市が新元号とつながりがあることを友人からのメールなどで知って驚いたといい、「エープリルフールじゃなければいいけど」と顔をほころばせた。万葉集の研究者らと連携し、歌碑や坂本八幡宮などを巡る観光コースの充実化を目指す考えだ。


(共同通信)