経済

4月にも日米貿易交渉と茂木氏 協議対象を決定へ

 茂木敏充経済再生担当相は2日の閣議後の記者会見で、日米の新たな貿易交渉の初協議を月内にも米国で開くとの見通しを示した。協議の時期を具体的に言及するのは初めて。初回は交渉の対象範囲を決定する予定で、農産品や工業製品といった関税分野以外がどこまで含まれるかが焦点となる。

 協議は15、16日にワシントンで開かれる見通しだ。両政府は昨年9月に関税分野の交渉に入ることで合意したが、サービス分野の扱いは明確にしていなかった。日本は関税分野に限定する方針を示している。

 米国も交渉妥結を急ぐ観点からサービス貿易には踏み込まないとみられる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス