くらし

新聞博物館がリニューアル、横浜 常設展示で歴史紹介を充実

 横浜市中区のニュースパーク(日本新聞博物館)が2日、新聞の歴史を紹介するコーナーを充実させるなど常設展示を一部新しくし、リニューアルオープンした。

 江戸時代末期から現代までを時代ごとに区切り、瓦版や新聞創刊号、新聞製作機材といった約200点の資料を展示。新元号が「令和」に決まったことを報じる1日の号外もある。

 編集から印刷、配達までをゲームで体験するコーナーの他、新聞記者となって開港の地・横浜を取材し、その結果をA3判の新聞で持ち帰ることもできる。

 入館料は、一般400円、大学生300円、高校生200円で、中学生以下は無料。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス