スポーツ

東邦4―2明石商 東邦が競り勝つ

 東邦―明石商 7回裏東邦2死一、二塁、吉納が左中間に先制3ランを放つ=甲子園

 東邦が競り勝った。0―0で迎えた七回に、2四死球で2死一、二塁の好機をつくると、吉納が左中間へ3点本塁打を放ち、均衡を破った。3―2の八回は失策で1点を加えた。石川は球の切れが良く、要所を締める投球。5安打2失点で完投した。守備も無失策ともり立てた。

 明石商は中森が六回まで3安打に抑える好投だったが、七回は四死球からピンチを招き、本塁打を許した。打線は得点圏に進めた走者をかえせず、八回の安藤の本塁打による2点に終わった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス