経済

電動バイク、電池の規格統一へ 二輪車メーカー4社の協議体設立

 電動バイクの協議体を設立し、手を取り合う二輪車メーカー4社の幹部ら=4日午後、東京都内

 ホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業の二輪車メーカー4社は4日、電動バイク用の着脱できる交換式電池の規格を統一するための協議体を設立した。今後、普及が期待される電動バイクの開発で主導権を握り、海外市場での販売拡大を狙う。

 協議体は電池の大きさや充電方法などの統一化の検討を進める。街中に「電池ステーション」や急速充電設備を設置し、走行中にバイクの電池が無くなったら、充電済みの電池に交換する仕組みを整備。まずは国内の電動バイクへの搭載を目指す。

 日本の二輪車はアジアで大きなシェアを誇るが、電動バイクは中国や台湾のメーカーが先行している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス