芸能・文化

将棋連盟の森内専務理事が退任へ 立候補せず

 森内俊之九段

 日本将棋連盟理事の任期満了に伴う予備選挙の立候補が5日に締め切られ、専務理事の森内俊之九段(48)は届け出なかった。現職1期目で、6月に退任することになった。会長の佐藤康光九段(49)、女性初の常務理事に就いた清水市代女流六段(50)らは届け出た。

 森内九段は「残る任期まで職務に全力を尽くしたい」と話した。タイトルを通算12期獲得し、羽生善治九段(48)のライバルとして数々の名勝負を演じた。永世名人の資格を持つ。

 将棋連盟の常勤理事は現在、佐藤会長を含め8人。任期は2年で、予備選挙を経て6月の通常総会で選出される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス