経済

米大統領、金融緩和を要求 FRBに圧力強める

 トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、「米連邦準備制度理事会(FRB)は利下げすべきだ」とホワイトハウスで記者団に述べた。国債などを大量購入することで市場に資金を流す量的金融緩和を再開すべきだとの考えも示した。政治から独立して金融政策を運営する中央銀行であるFRBに対し、米政権は介入発言を繰り返し、圧力を強めている。

 トランプ氏は利下げが必要な理由として「FRBは米経済を減速させているし、インフレも起きていない」と説明。次期大統領選もにらみ、景気支援を求めた。経済政策を担当するクドロー国家経済会議委員長も3月、米メディアに「利下げすべきだ」と語った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス