スポーツ

セーリング吉田組が最終レースへ 市野組も、ソフィア杯

 セーリングのプリンセス・ソフィア杯は5日、スペインのマジョルカ島沖で行われ、2020年東京五輪の日本代表選考レースを兼ねている470級は10レースを終え、女子の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)、男子の市野直毅(島精機製作所)長谷川孝(横浜ゴムMBジャパン)組がともに6位で6日の最終レースに進んだ。

 同じく代表選考レースとなっている男子49er級は高橋レオ(オークランド大)小泉維吹(早大)組が29位、女子49erFX級は山崎アンナ(日体大)高野芹奈(関大)組が18位となったのが日本勢の最高で、いずれも最終レースに進めなかった。(共同)


(共同通信)