国際

正恩氏、観光地区建設現場を視察 工期半年延長、制裁影響も

 「元山葛麻海岸観光地区」を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、金正恩朝鮮労働党委員長が日本海に面する東部江原道の「元山葛麻海岸観光地区」や山間部に位置する平安南道の「陽徳郡温泉観光地区」の建設現場を視察したと報じた。具体的な日時は不明。

 金氏は元山の建設現場を見て「本当に壮観だ」と進捗状況に満足の意を示す一方、今年10月の党創建記念日までとしていた工期を来年4月まで半年延長するよう指示した。工期延長が明らかになるのは2度目で、完成は当初目標より1年遅れる。経済制裁の影響が出ている可能性もある。


(共同通信)