経済

米中貿易交渉、対話継続へ 閣僚級協議は終了

 【ワシントン共同】米中両政府は5日、ワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えたが、週明けも電話で協議を続ける。最終決着の場となるトランプ米大統領と中国の習近平国家主席の会談実現への道筋が付けられるかどうかが焦点となる。

 米中両政府は3月末から北京とワシントンで2週連続の直接交渉を開催し、合意文書の策定に向け詰めの作業を進めたが、3~5日の協議では発動した追加関税の撤廃時期や合意内容順守の枠組みなどで溝を埋めることができなかった。

 協議が順調なら今月下旬にも首脳会談が開かれるとみられてきたが、ロイター通信は決着が5月や6月にずれ込む可能性もあると指摘している。


(共同通信)