スポーツ

柔道体重別、原沢が2度目の優勝 18歳の素根V3

 男子100キロ超級決勝 佐藤和哉(左)を破り優勝した原沢久喜=福岡国際センター

 柔道の世界選手権東京大会(8月25日~9月1日・日本武道館)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権第1日は6日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子100キロ超級は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜が決勝で佐藤和哉を延長戦で指導3を奪って退け、3年ぶり2度目の優勝を果たした。

 女子で78キロ超級は18歳の素根輝が決勝で昨年の世界女王の朝比奈沙羅を延長の末に優勢勝ちし、3連覇を達成した。63キロ級は昨年世界選手権2位の田代未来が決勝で鍋倉那美を下し、4年ぶり2度目の優勝を果たした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス