社会

両陛下、「お忍び」で花見 在位中最後、皇居外を散策

 「お忍び」で皇居外周を散策される天皇、皇后両陛下=7日朝、東京都千代田区

 天皇、皇后両陛下は7日朝、「お忍び」で皇居外周の歩道を散策し、見頃を迎えた桜を楽しまれた。30日の退位を控え、重要な儀式や行事が続く慌ただしい日程の中、久しぶりに穏やかなひとときを過ごした。在位中の皇居外の散策は、今回が最後とみられる。

 午前7時10分ごろ、北桔橋門をくぐって北の丸公園側に出た両陛下。約10分間にわたり、沿道の桜を眺め、散策を楽しんだ。両陛下に出くわして驚くランナーとも笑顔で会釈を交わしていた。

 両陛下は毎朝、住まいの皇居・御所周辺を散策するのを日課としており、2017年と18年の4月にも、同じルートを歩き、桜を楽しんでいた。


(共同通信)