社会

発電所で作業員2人転落死、千葉 高さ30mのやぐらから

 7日午前9時25分ごろ、千葉県君津市にある「君津共同火力」の発電所敷地内で、作業員2人が高さ約30メートルのやぐらから転落し、病院へ搬送されたが死亡が確認された。

 君津署によると、死亡したのは同市杢師、金子光男さん(49)と同県木更津市桜井新町、山本龍耶さん(31)。作業を請け負う別の会社に勤務していた。

 君津署などによると、2人は発電設備を点検するために造られたやぐらの上で、機材が転落するのを防ぐ鉄柵を設置する作業をしていた。やぐらの上にはほかにも作業員が数人おり、地上には鉄柵を運ぶためクレーンの運転手が1人いた。


(共同通信)