国際

スケート小平選手らに韓日友情賞 平昌の感動場面は「日常の情景」

 7日、ソウルで「韓日友情賞」を授与された小平奈緒選手(左)と李相花選手(共同)

 【ソウル共同】昨年の韓国平昌冬季五輪・スピードスケート女子500メートルで競いつつ友情を育んだ姿が感動を呼んだとして、韓国の「2018平昌記念財団」が7日、金メダルの小平奈緒選手(32)と銀メダルの李相花選手(30)に「韓日友情賞」を授与した。小平選手は2人の友情は「特別な情景ではなく日常のもの」だと話した。

 ソウル市内で授与式が開かれ、両選手が出席した。平昌五輪ではレース後、2位に終わりリンク上でむせび泣く李選手に小平選手が近寄ってねぎらい、抱き合った場面が日韓で話題となった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス