経済

日銀、3地域で景気判断引き下げ 6年3カ月ぶり、地域経済報告

 日銀は8日、4月の地域経済報告(さくらリポート)を発表し、全国9地域のうち東北、北陸、九州・沖縄の3地域の景気判断を引き下げた。中国経済の減速などにより、生産に悪影響が出たことが主因。3地域の判断を同時に下げたのは、欧州債務危機の影響で8地域を引き下げた2013年1月以来、6年3カ月ぶり。

 北海道は昨年の地震の影響が和らぎ、2四半期連続で上方修正した。他の5地域は据え置いた。

 東北の下方修正は3年ぶり。前回の「緩やかな回復を続けている」との表現に「一部に弱めの動きが見られる」との慎重な見方を加えた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス