国際

ロ製ミサイル導入予定通り トルコ、米要求に応じず

 【モスクワ共同】トルコのエルドアン大統領は8日、トルコによるロシア製の地対空ミサイル「S400」の導入について「主権の問題だ」と強調し、断念を迫る米国の要求に応じず、ロシアとの契約を予定通り履行する考えを改めて示した。訪問先のモスクワでプーチン大統領と会談後の共同記者会見で表明した。

 エルドアン氏は「これはトルコの主権に基づく決定で、何者もわれわれに決定を覆すよう要求できない」と断言。プーチン氏もエルドアン氏との会談で「S400の売却実現について話し合った」と歩調を合わせた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス