国際

大統領警護隊長官も更迭 トランプ氏、人事刷新

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは8日、大統領警護隊(シークレットサービス)のアレス長官が近く退任すると発表した。トランプ大統領は後任に大統領警護隊のベテラン幹部ジェームズ・マレー氏を起用。マレー氏は5月に就任する。

 大統領警護隊を管轄する国土安全保障省のニールセン長官が7日に辞任表明に追い込まれたばかりで、立て続けの人事刷新。強硬な不法移民政策を主導するミラー大統領補佐官がトランプ氏に人事を進言しているとされ、同省の他の幹部らにも更迭説が流れている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内