くらし

長崎県知事、負担肩代わりに難色 九州新幹線の建設財源

 長崎県の中村法道知事は9日、九州新幹線に関する与党検討委員会の会合に出席し、未着工の長崎ルート新鳥栖―武雄温泉(佐賀県)をフル規格で早期に整備するよう要請した。一方、建設財源に関し、佐賀県の負担を一部肩代わりすることには難色を示した。

 国会内で開かれた会合の後、中村知事は負担肩代わりについて「新幹線整備の財源は全国共通の枠組みがあり、そのルールを超えて長崎県が負担することはなかなか難しい」と記者団に説明した。知事は会合で、新幹線開業後もJR九州が並行在来線の運行を継続することも求めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス