政治

麻生氏、県連最高顧問の辞任伝達 福岡県知事選の敗北受け

 自民党福岡県連は9日、県知事選で党推薦の新人候補が敗北したのを受け、麻生太郎副総理兼財務相から県連の最高顧問を辞任したいとの申し入れがあったことを明らかにした。扱いは22日に予定する県連執行部会で協議する。

 知事選を巡り麻生氏や県連は、過去2回の選挙で支援した現職小川洋氏ではなく、元厚生労働官僚の新人武内和久氏を擁立し、党本部も武内氏推薦を決定した。武内氏は大差で小川氏に敗北し、麻生氏らの責任論が浮上している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス