国際

日本政府、国連でゲーム体験会 持続可能な開発を「体感」

 「持続可能な開発目標」を再現したゲームで、カードを取引する新武志さん(中央左)ら=8日、米ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク共同】ゲームで「持続可能な開発目標(SDGs)」を体感して―。日本の国連代表部は8日、国連が2030年までに飢餓撲滅や男女平等などの達成を目指すSDGsをロールプレーイング形式で再現したカードゲーム「2030SDGs」の若者向け体験会を米ニューヨークの国連本部で開いた。

 ゲームを開発したイマココラボ(東京)との共催。国連の会合で集まった若者らのうち十数カ国の28人が参加した。

 SDGsは17の目標で構成され、15年の国連サミットで採択された。昨年6月発表の報告書で国連は、地球温暖化など悪化した分野があるとして、危機感を表明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス