経済

セブン、7月11日に沖縄初出店 全都道府県に進出完了

 セブン―イレブン・ジャパンの子会社セブン―イレブン・沖縄(那覇市)は9日、沖縄県での初出店の時期が7月11日に決まったと発表した。沖縄県での出店で、セブン―イレブンは全国の都道府県に進出したことになる。

 那覇市や糸満市、北谷町などで計約10店舗を1号店として同時に開く。沖縄県では今後5年間で約250店の出店を予定している。出店に合わせ、沖縄県浦添市に弁当、総菜工場、うるま市にデザートを製造する専用工場を建てる計画を発表していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス