経済

ヘルシンキ空港、欧州の拠点に フィンエアー社長が利便性強調

 フィンランドの航空会社フィンエアーのトピ・マンネル社長兼最高経営責任者は9日、東京都内で共同通信のインタビューに応じた。「日本市場はとても重要だ」と述べ、ヘルシンキ空港は日本からの距離が短く、欧州各地に乗り継ぐハブ(拠点)空港として利便性に優れていると強調した。

 また欧州で日本への注目が高まっていることに触れ、マンネル氏は「日本と欧州の旅行を最大限に支えたい」と語った。2020年の東京五輪に関して「欧州各地からヘルシンキを経由して日本に来てもらう機会になる」と期待を込めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス