スポーツ

宮川選手、騒動後初めて公の場 パワハラ告発の体操リオ五輪代表

 笑顔で取材に応じる体操女子の宮川紗江選手=9日、神奈川県鎌倉市

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(19)が9日、神奈川県鎌倉市の徳洲会で練習を公開し、パワハラ騒動を経て復帰戦となる全日本選手権(26日開幕・高崎アリーナ)に向け「注目されると思うので気になる部分はあるけど、いつもの年と同じようにやることだけに集中したい」と語った。昨年8月のパワハラ告発後、公の場で取材に応じるのは初めて。

 宮川選手は日本協会の女子強化本部長だった塚原千恵子氏と副会長の塚原光男氏からパワハラを受けたと主張したが、同協会の第三者委員会は塚原夫妻の言動を一部が不適切としながらもパワハラ認定しなかった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス