スポーツ

国学院大が勝ち点、東洋大は先勝 東都大学野球第1週、亜大雪辱

 東都大学野球リーグ第1週第2日は9日、神宮球場で1、2回戦計3試合が行われ、国学院大が昨季優勝の立正大に4―2で競り勝ち、連勝で勝ち点を獲得した。亜大は駒大に1―0で雪辱して1勝1敗。東洋大は5―2で中大に先勝した。

 国学院大は三回に小川龍の2点三塁打などで3点を挙げ逆転。九回に鎌仲の本塁打で加点した。亜大は先発の1年生左腕、松本晴が6回2安打で初登板勝利。東洋大は山崎基が3安打3打点で貢献した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス