スポーツ

アイスホッケー日本が決勝T進出 女子の世界選手権

 アイスホッケー女子の世界選手権は9日、フィンランドのエスポーで行われ、1次リーグB組最終戦で日本はスウェーデンに3―2で逆転勝ちし、2勝2敗とした。同組3位以内が確定して決勝トーナメントに進出した。

 日本は1―2で迎えた第3ピリオド終盤に志賀紅(帯広レディース)の得点で追い付き、試合終了間際に床亜(西武)のゴールで勝ち越した。

 今季、世界選手権ディビジョン1A(2部相当)から1部に復帰していた日本は、来季の1部残留が決まった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス