経済

NY株、一時230ドル超安 米欧対立の影響懸念

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日からの下げ幅は一時230ドルを超えた。午前10時現在は前日比200・07ドル安の2万6140・95ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・23ポイント安の7933・65。

 トランプ米大統領が、欧州連合(EU)による欧州航空機大手エアバスへの補助金の報復措置として、欧州から輸入する110億ドル(約1兆2千億円)の物品に関税を課す方針を表明。米欧の貿易摩擦の影響が懸念され、売り注文が先行した。

 個別銘柄では、エアバスと競合する米航空機大手ボーイングが下落。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス