経済

喫茶店のコメダHD、過去最高益 19年2月期、店舗増寄与

 コメダ珈琲店の店舗=名古屋市

 「コメダ珈琲店」などを展開するコメダホールディングス(HD)が10日発表した2019年2月期連結決算は、売上高が前期比16・7%増の303億円、純利益は4・3%増の51億円となり、ともに過去最高となった。増収増益は5年連続。積極的な新規出店が収益を押し上げた。

 国内外の店舗数は2月末時点で前期に比べ55店多い860店となった。名古屋市で記者会見した臼井興胤社長は「千店を目標に店舗数を増やす。まだ十分な成長の余地はある」と述べた。

 20年2月期は売上高が328億円、純利益は53億円を見込む。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス