経済

東京ガス、電力販売目標を前倒し 240万件、地域拡大も検討

 記者会見する東京ガスの内田高史社長=10日午後、東京都千代田区

 東京ガスの内田高史社長は10日に東京都内で記者会見し、家庭向け電力契約数を240万件とする販売目標を、2019年度末に達成するとの見通しを示した。都市ガスとのセット割引が好調なためで、従来は20年度末としていた達成時期を1年前倒しする。販売地域を現在の関東から、他地域に広げる検討をすることも明らかにした。

 18年度末の契約数は約180万件で、関東での市場占有率は約1割となった。電力小売りの全面自由化から約3年が経過したが、「(電力契約の)切り替えの機運は落ちていない」と分析した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス