国際

イスラエル首相続投へ協議本格化 右派が主導

 右手を上げて支持者に応えるイスラエルのネタニヤフ首相=10日、テルアビブ(AP=共同)

 【エルサレム共同】9日投票のイスラエル国会(定数120)選挙で、現与党の右派「リクード」党首のネタニヤフ首相続投の公算が大きくなり、同氏は10日に各党との連立協議を本格化させた。過半数を確保する見通しの右派勢力が主導する新たな政権発足を狙う。連立協議の成否は、各党への閣僚ポストの配分が鍵を握りそうだ。

 選挙管理委員会は早ければ11日にも正式な選挙結果を発表する予定。リブリン大統領は国会に議席を得た各党代表から意見聴取し、連立政権を発足させる可能性が最も高いと判断した首相候補に組閣を指示する。新政権発足は早くて5月下旬の見通し。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス