社会

大手旅行サイト、最安値要求か 3社が掲載契約時に

 公正取引委員会が独禁法違反(拘束条件付き取引)の疑いで立ち入り検査した大手旅行サイト3社が、ホテルや旅館と掲載の契約を締結する時点で、自社サイトの料金設定を最安値とする条件を求めるケースがあったとみられることが10日、関係者への取材で分かった。

 3社は「楽天トラベル」運営の楽天、「ブッキング・ドットコム」と「エクスペディア」の日本法人。いずれのサイトも集客力が高く、事業の基盤を提供する「プラットフォーマー」とされる。客を増やしたい宿泊施設側は、不当な条件でも拒みづらかった可能性があり、公取委は契約の詳しい実態を調べる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス