国際

金正恩氏、「自力更生」を強調 制裁対抗訴え米朝交渉維持か

 北朝鮮・朝鮮労働党の党中央委員会総会に出席した金正恩党委員長(上)=10日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は10日、党中央委員会総会に出席、「自力更生」で経済建設に取り組み、国際社会による制裁に対抗する方針を表明した。朝鮮中央通信が11日伝えた。物別れに終わった2月末の米朝首脳会談に関する立場も説明した。具体的な内容は不明だが、国営メディアは直接の対米非難を伝えていない。一方的な譲歩には応じず、米朝交渉維持を図る可能性がある。

 金正恩氏は党中央委総会で、国際環境の変化や現状について分析。制裁解除の見通しが立たない中、自立的な経済建設を訴えた。核・ミサイル開発に関する言及は明らかになっていない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス