経済

ユニクロのファストリが増収増益 低価格ブランド、海外好調

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが11日発表した2019年2月中間連結決算は、売上高が前年同期比6・8%増の1兆2676億円、純利益が9・5%増の1140億円で増収増益だった。低価格ブランド「ジーユー(GU)」やユニクロの海外事業がけん引した。

 ユニクロの海外事業の売上高は14・3%増の5800億円。中国やインドネシア、フィリピンなどで好調だった。国内事業は0・5%減の4913億円、本業のもうけを示す営業利益は23・7%減の677億円。暖冬の影響で冬物商品の販売が振るわなかったことや、値引き販売を強化したことが響いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内