社会

米軍機の超低空飛行停止を、高知 県知事が要請書提出

 高知県の尾崎正直知事は12日、県上空の「オレンジルート」での米軍機の超低空飛行訓練の停止と、低空飛行訓練に関する事前の情報提供をするよう求めた要請書を、河野太郎外相と岩屋毅防衛相にそれぞれ提出した。

 要請書は、「オレンジルート」での低空飛行訓練の目撃が多く、北部を中心に住民が米軍機の爆音に悩まされていると説明。また、超低空飛行訓練は、県内で多く使われるドクターヘリと衝突する危険性があるとして、同訓練の停止を求めた。

 高知県はこれまで低空飛行訓練の目撃情報が入るたびに、中国四国防衛局を通じて米軍に対し情報提供を求めているが、提供はないという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス