経済

G20、貿易摩擦の緩和を協議 景気リスク確認し閉幕

 【ワシントン共同】米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は12日(日本時間同日夜)、2日目の討議を始めた。米国と中国などの貿易摩擦を和らげるため、背景にある経常収支の不均衡の是正を協議。新興国の過剰な債務など、他の景気下振れリスクも確認し、12日午前(同13日未明)に閉幕した。

 初日は、世界経済は減速しつつも今年後半に復調するとの認識で一致。ただ米中貿易協議の決裂や英国の欧州連合(EU)離脱問題といった懸念材料があり、注視すると確認した。麻生太郎財務相は財政・経済安定に向け、予定通りの消費税増税を改めて公約した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内