経済

対日貿易交渉、米は急がず 麻生氏「中国で多忙」

 【ワシントン共同】麻生太郎財務相は12日、米政権が取り組む2国間の貿易協議に関し、米国は日本との交渉を急いでいないとの認識を示した。「中国(との交渉)が忙しく、それだけの人をこちらに回せていないのではないか」と述べた。

 米ワシントンでの20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕後、日本メディアなどとの記者会見で語った。

 一方、同席した黒田東彦日銀総裁は、景気を下支えするための金融政策の余地が「前よりも狭まっているとは言える」としながらも「必要があれば、(日銀に)さらなる追加緩和の余地はある」との見解を改めて示した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス