政治

統一地方選後半戦14日告示 市区長選など21日開票

 統一地方選は14日、86市長選と294市議選、東京特別区の11区長選、20区議選が告示され、後半戦の幕が開ける。長崎市長選は現職と新人計5人による混戦の見通し。東京都中央、大田、世田谷の各区長選は自民系と、立憲民主党など複数の野党が支援する候補による対決型となる。16日に告示される121町村長選、375町村議選とともに21日に投開票(一部翌日開票)される。

 県庁所在地の市長選は長崎のほか、水戸、津、高松、大分の計5市。水戸は3選を目指す現職に共産党推薦の新人が挑む。大分は、与野党相乗りで再選を狙う現職と共産新人による一騎打ちが見込まれる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス