社会

熊本地震、犠牲273人追悼 発生3年、再生誓う

 熊本地震から3年を迎え、追悼式で黙とうする参列者=14日午前、熊本県庁

 史上初めて震度7を2度観測し熊本、大分両県で273人が犠牲となった熊本地震は14日、発生から3年を迎えた。熊本県庁で県主催の追悼式が開かれ、妻を亡くした南阿蘇村の農業増田敬典さん(81)が遺族代表として「悲しみは尽きないが、自立した生活を送り、少しでも村の再建に役立ちたい」と述べ、再生を誓った。

 蒲島郁夫知事は1万6千人以上が仮設住宅などに仮住まいしているとし「住まいの再建は最優先課題。一人一人の気持ちに寄り添い、全ての人が確保できるよう全力で取り組む」と語った。

  式には遺族のほか、地震を次世代に語り継ぎ教訓にしてもらおうと、県内の高校生も招いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス