国際

韓国首相側近、長嶺大使と登山 「日本の努力加われば」

 登山中に記念撮影する、韓国・李洛淵首相の秘書室長を務める鄭雲鉉氏(右)と長嶺安政駐韓大使。鄭氏のフェイスブックに投稿された(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の李洛淵首相の秘書室長を務める鄭雲鉉氏は14日までに、長嶺安政駐韓大使と共にソウルの山に登ったとして、自身のフェイスブックに写真付きで投稿した。日韓関係について、元徴用工訴訟の判決を巡ってぎくしゃくしているものの「いやが応でも背を向けることのできない隣国だ」と書き込み、改善に意欲を示した。

 鄭氏は投稿で、日韓の歴史問題は「過去の出来事にとどまらず現在進行形だ」とし、「きちんと解決されなかった過去の歴史は現在の出来事としてよみがえり、議論の的になりがちだ」と指摘。両国関係が良かった時代の再来は「特に日本の努力が加われば可能」と訴えた。


(共同通信)