国際

大使告訴の元部下「逆らえず」 テヘラン公邸で「キスされた」

 駐イラン大使だった駒野欽一氏(72)に2012年、テヘランの大使公邸でキスされたなどとして、強制わいせつ容疑で警視庁に刑事告訴した元部下の女性が14日、共同通信の取材に応じ「大使には絶対的な権力があって逆らえなかった。外務省が公表しないので告訴した。12年から我慢してつらかった」と話した。

 告訴状などによると女性は外務省入省後、12年6月に在イラン日本大使館に着任。駒野氏は大使離任直前の同10月14日、公邸で女性に抱きつき、頬にキスしたとされる。告訴状では胸なども触られたと主張している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス