経済

東京円、112円近辺

 週明け15日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円近辺で取引された。

 正午現在は前週末比15銭円安ドル高の1ドル=112円00~01銭。ユーロは44銭円安ユーロ高の1ユーロ=126円70~72銭。

 前週末の米株高などを背景に投資家が積極姿勢を強め、相対的に安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 一方で、日米貿易交渉を控え、市場では「警戒感から円安進行は限られる」(外為ブローカー)との声が聞かれた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス